PRESS vol.2
詳しくはメールでお問い合わせ下さい。
2004.02.18 徳島新聞 暮らしコーナー「ちょっとファッショナブル」より
 ジャケットは、今年も三つ釦が主流。パンツはノータックで、全体的に細身のシルエットがトレンドだ。三つ釦のジャケットに合うシャツは襟元が広く開いた
ワイドカラー。人気は白だが。ストライプや格子などが薄く入っているのが特徴。ネクタイはドット(点)や小紋柄が人気を集めているという。
 オーダーメイドも選択の一つ。「セレクシオン」(徳島市寺島本町東1ー15)では、六万〜八万円台と価格が手頃なためか、新社会人の購入も多い。
 オーダーメイドのメリットは約五百種類の見本から好みの生地が選べ、体型にピッタリのスーツかできあがること。「仕立てる前にシャツ、ネクタイ、靴との
コーディネイトがイメージできるので、自分が理想とする一着ができる」と同店代表の久米誠司さん。
 さらにジャケットは単品でジーンズとの組み合わせた活用を提案。男性スーツも「着回し」を考えて購入するのがポイントのようだ。
                                                                    本文より
 黒を基調にしたストライプのオーダースーツは、優雅で男性的なイングリッシュドレープ(胸部や背中にできるゆとり)や、強めに絞られたウエストなどが美しい英国スタイル。気品漂う
紳士的なスタイルは、ビジネスにもぴったりのスーツだ。
 オーダースーツは、ジャケットの袖口が開閉できる「本切羽(ほんせっぱ)」だったりボタンに本水牛が使用されていたりと既製品にはない細部のこだわりが特徴。さり気ないおしゃれが
周囲の視線を集めそうだ。
                                                                        本文より
気品漂う英国スタイル。
コーディネイトしたのは、トレンドの白をベースにした青いチェック柄のシャツ。襟は三つボタンタイプのジャケットに合うワイドカラー。小紋柄のネクタイは「ダブルノット」結びでボリ
ュームを持たせた。
 ネクタイを代え、チーフを胸ポケットに挿せば、フォーマルに。ジャケットにジーンズを組み合わせばカジュアル着としても大活躍してくれそうだ。
(コーディネイトは「セレクシオン」。スーツ6万3000円、シャツ1万2000円、ネクタイ9800円、靴4万6000円、バッグ4万6000円)
                                                                        本文より
シャツとネクタイも、スーツに合わせておしゃれなものを選びたい。=セレクシオン